翻訳家を目指すにはどんな勉強が良いのだろう?

英字新聞を読んで英文をたくさん読もう

英字新聞は英語の旬な言い回しや表現を知ることができるのみではなく、英文に触れるきっかけになります。英語の勉強だからとすべての記事を読む必要はなく、自分が興味を持った記事を読むことで継続しやすくなります。意味もすべてわかろうとする必要はなく、最初はその英文の趣旨を把握する程度で十分です。英文に慣れてきてから意味を一つひとつ丁寧に捉えていきましょう。インターネットでも英字新聞は公開されているため活用すると良いでしょう。

英語の本と翻訳された本を見比べよう

英語で書かれた本の原作と翻訳された本2冊用意して、見比べながらどのように翻訳されたのかを学びましょう。意訳されている場合もありますが、翻訳はただ英語を日本語にすれば良いのではなく、自然な日本の文章にすることが重要です。どのような意訳がなされたのか学ぶことも、翻訳家を目指す上で大切なことになります。可能であれば、内容は小説にとどまらず実用的な内容の物も選びましょう。様々な分野の本を見ることで、翻訳できる幅が広がります。

得意な分野を見つけよう

実務翻訳となると、専門用語が増えるのみではなく、翻訳者自信専門知識が問われてきます。知識のない人が翻訳するのと、専門知識がある人が翻訳するのでは、翻訳のスピードはもちろん質も大きく異なります。今では専門学校や通信教育で翻訳について学ぶことはできますし、ある程度翻訳が可能であれば専門的な知識を増やすことに主眼を置いた講座も取ることができます。より専門的な知識を身に付けるためにも、専門学校や通信教育の利用をお勧めします。

機械翻訳はコンピューターで言語を別の言語へ変換することを言いますが、現在はインターネット閲覧ソフトなどで簡単に翻訳することができるようになり、その言葉も不自然さが緩和されてきています。