大容量のデータの転送方法を三つご紹介します

アナログだが確実な外付けHDDは未だに主流です

アナログな方法になりますが、外付けのHDDにデータを保管して、目的のデバイスに移管する方法はオススメです。ウィルス感染の心配も無く、尚且つ大容量のデータでも安全に移管できるので未だに企業内でも主流の転送方法です。HDD自体の単価が安くなった事と、機密事項の保全が重要視され出した事が、HDDを利用した転送方法の背景になっています。誰でも簡単にできるので、高齢者の方やパソコンに精通していない人にはオススメの方法です。

クラウドを利用すれば大容量でも大丈夫です

クラウドサービスには有料のものと無料のものがありますが、企業では有料のサービスを利用し大容量のデータ転送に利用しています。有料のクラウドサービスは容量が100GB以上あり、大容量のデータを社員が共有できるメリットがあります。もちろん目的のデバイスへのデータ送信もできるので、海外の支店でもハードウェアに組み込む事が簡単にできます。個人でクラウドを利用するのであれば、無料のもので十分ですが、動画のデータを転送したい人は有料プランに変更した方が安心です。

サーバーに保管しリンクをを提供すればOKです

ネットでのテキスト販売でよく使われる方法が、サーバーからのダウンロードです。これは大容量のデータ転送にも使う事ができるので、IT関係の仕事では重宝されています。転送方法はURLリンクを伝えるだけなので、転送先でダウンロード後にインストールしてもらうだけです。容量の大きな動画や画像はもちろん、webサイトの骨組みを丸ごと転送できるので非常に便利な方法です。企業、個人に関係なくオススメの方法です。是非、参考にしてください。

メールなどに添付すると容量制限で送付できないような大容量ファイルの送信には、Web上の仮想ドライブを使って送付します。仮想ドライブを送り側と受け側で共有して転送を行います。